スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルとか

ちょっとハンドル見てきましたよ。
僕の欲しいハンドルは銀色しかないのかー!

クランプ径が心配になったのでステムも見てきました。
その中でトムソンの加工の美しさに魅せられました。
でもオーバーサイズなので、ハンドルも考えないといけなくなります。
シムは格好悪くなるから入れたくない。今後のことを考えるとオーバーサイズにしておいたほうがいいのか。
イーストンもどことなく良さげ。クリスキングのヘッドパーツも格好いい。アメリカ人もやるじゃないか。
加工精度を見ると日本=アメリカ>スイス等>イタリアという図式ががが
日本でも加工自体は問題なくできるけど、それで食っていけるのかが問題なのですね。

自転車にはスピードを求めるだけでなく、自分色に染められることも大きな魅力です。
おしゃれパーツで揃えるのもひとつの楽しみではないかなと。
今の自転車を振り返ると・・・

ハンドル=ノーマル
ステム=ノーマル
フレーム=ノーマル
ペダル=ルック
シートポスト=スペシャライズド
ホイール=ボントレガー
コンポ=ノーマル(一部デュラエース)
サドル=フィジーク

うーん結構変わっているなぁ
今回ポジションがが決まったらハンドルとステムを変える予定なので、ほとんど変わってしまうのですね。
いずれフレームを替えるときにはヘッドパーツをクリスキングに替えますよ。

次のフレーム候補は

キャノンデール(Six13)
ピナレロ(ガリレオ)
ルックの中級グレード

アメリカンブランドにはぜひフレーム販売もしていただきたい!
なんとなくカーボンに乗ってみたいですよ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Father

Author:Father
答えてくれ女よ

可憐な乙女達はどこへ行ったのだ

最近のコメント
Xbox Game Card
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。