スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山せンせ

異形シリーズでおなじみの平山夢明先生の短編集が、なんかの賞を取っていたのを思い出して図書館に行ってきました。
たまたま、置いてありました。「独白するユニバーサル横メルカトル」

正直、まとまったものを読むのは初めてなので、新鮮な気持ちで読めましたよ。

グロい話や、救いの無い話が多いのですが、グイグイ読ませるのは作家の腕なんでしょうか。
アイデアが秀逸なので、どれを読んでも飽きる事がない。没頭して一駅乗り過ごしてしまった事も。

個人的に気に入ったのは、「卵男」、「独白するユニバーサル横メルカトル」、「けだもの」でした。

短編作家って生活できるのか心配でしたけど、賞も取った事だし、少しは楽になってくれれば幸い。
まぁそういうのは買ってからいうことですな。

調子に乗って、もう一編借りたのですが、タイトルが「いま、殺りにゆきます」て。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Father

Author:Father
答えてくれ女よ

可憐な乙女達はどこへ行ったのだ

最近のコメント
Xbox Game Card
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。