スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoW終了

何とか終わりました。
とても面白いゲームだったので、どこがよかったのか、考えてみた。

①操作性・・・ガード・ジャンプ・攻撃・移動のレスポンスがいいので、攻撃を受けても自分の腕のせいとなる。
ダメなゲームはまずここがダメ。

②やり直しポイント・・・死んだ場合のリスタート位置が絶妙。セーブポイントに戻されて、判りきったトラップ解除などない。

③パズル要素・・・筋肉バカのクレ様でもゴリ押しで進める場面は少なく、頭を使って進めていかなくてはいけない。
かといって複雑なものは無く、たいていはひとつのフロアーで済んでしまう。攻略本要らず。

④経験値要素・・・敵を倒したり、宝箱から入手したりする経験値(赤玉)を貯める事によって剣や魔法を強化できる。
また、アイテムでHP、MPゲージを増やせるので後半に進んでもさほどきつくは無い。

⑤明快なストーリー・・・負けず嫌いのクレ様が戦争で負けそうになって、戦いの神アレスに魂を売った。神の力で超外道に進化したクレ様。
調子こいて殺しまくっていたら、自らの妻子に手をかけていた。
おのれーアレスー!逆ギレしたクレ様はアレスを倒すべく他の神様(アテネとか)の力を借りてアレスを倒そうとしたらアレスから超ぶっとい柱がとんてきて、腹にブッ刺さって乙。
地獄から這い上がるぜー!
這い上がったぜー!アレス殺す!!
こんな感じ。

⑥大人が楽しめる演出・・・大人というかアメリカンな感性を持つ大きな子供達に大人気。ゾンビちっくな敵を切ったり刺したり抉ったり。
飛び散る腕、溢れる血・・・ボーナスステージはレディーとファ○ク。アナログスティックで腰の動きを再現しております。勉強になるなあ。
ちなみにクレ様の外見はマッチョなハゲで上半身裸です。そして巨人族の生き残りであるクロノスはブルース・ウィリスにそっくりだった。
米国版はもっと過激らしい。うらやましいな。

全体的に小池テイスト溢れるゲームなんですが、意外と親切設計でイジワルなところはありませんでした。
ある意味、任天堂ぽいです。
というか、キャラクターと演出を変えればゼルダになるんでないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

米国版(北米版?)との差は乳首だけとか聞きましたよ!
血は変わらないもより

お姉ちゃんとナニして回復って俺みたいだな~

>HAL
日本で乳首はダメなのかッ!

>Duo
君はクレさま以上に外道だからな

プロフィール

Father

Author:Father
答えてくれ女よ

可憐な乙女達はどこへ行ったのだ

最近のコメント
Xbox Game Card
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。